通信制のトライ式高等学院で楽しい学校生活を知った

トライ式高等学院に進んだことが本当に正しかった?

学校に行くのが嫌になってしまって トライ式高等学院は通信制でマイペース トライ式高等学院に進んだことが本当に正しかった?

このような場所は基本的に自分と同じような人が集まるのでしょうから、そのような面でも通いやすいと思ったのです。そして、トライ式高等学院に進むことを決めたのですが、その後も中学校にはほとんど行くことはなく進路が決まってからは、学校の先生も自分とあまり関わりを持とうとはしなくて、卒業式への出席に関してもそこまで強く勧めてきませんでした。自分にとってもむしろそれはありがたいことで、卒業式だけ出席させられなかったのはホッとしています。その後、トライ式高等学院に進むことになりましたが個別指導で、わからない部分を丁寧に教えてくれて、自分の個性を活かす指導をしてくれたのでとてもわかりやすいと感じました。また、先生がとても親身になって色々なことに対して相談の乗ってくれるのも心強かったです。個別指導のおかげか、クラスで浮くようなこともなく事前に思い描いていたように自分と同じような人が多く、打ち解けることもそれほど難しいものではありませんでした。そのため、普通の高校とは少し違うのでしょうが失われた中学校生活をここで取り戻すことが出来たような気がして、楽しい毎日を過ごすことが出来たのです。トライ式高等学院に進んでからは学力も伸びて、大学に進むことも視野に入ってくるようになりました。大学ならもっと今まで以上に楽しいことがあるのではないかなと思うようになり、進学をしたいと強く思うようになったのです。そして、そのことで進路相談をすると大学進学に向けてサポートをしてくれるということになり、受験勉強が始まりました。自分の学力はトライ式高等学院のおかげで普通の人よりも高い水準になっていたので、偏差値も少し高めの大学を狙って受験勉強をしたのですが思ったよりも苦労することなく順調に受験対策は出来ました。その結果、驚くほどスムーズに大学に合格することが出来トライ式高等学院 に進んだことが本当に正しかったのだと実感することができのです。